クレアラシル 効果

クレアラシルの効果を成分から見てみましょう。

クレアラシルの効果

クレアラシルの主要配合成分は8つ!!

  • イオウ
  • レゾルシン
  • サリチル酸
  • イソプロピルメチルフェノール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アラントイン
  • ビタミンC
  • AHA(ミックスフルーツ酸)
主な成分の働きを分けると?

皮脂の除去・アクネ菌殺菌作用

『イオウ』『サリチル酸』『レゾルシン』『イソプロピルメチルフェノール』
この4つが皮脂の除去、殺菌、古い角質を取り除く働きがある成分

ニキビの炎症を抑える

『グリチルリチン酸ジカリウム』『アラントイン』
ニキビの炎症や赤みを抑える働きのある成分

保湿・美容効果

『ビタミンC』『AHA』
メラニンの生成を抑制、保湿、毛穴をきれいにする働きがある成分

クレアラシルの効果はやっぱり高い?

クレアラシルは乾燥する

さすがに、ニキビケアに効果が高い成分をしっかり含んでいますね。
ただ、それだけでは効果が高いとは言えないんですね。

 

クレアラシルの主なニキビケアの働きは、皮脂を取り除くことです。
ただ取り除くというより、結構刺激が強い成分です。

 

クレアラシルの口コミを見ても乾燥するという声がとても多いのがこの成分からもよくわかります。

 

保湿成分も配合されてるから乾燥しないよね?

クレアラシルには確かに保湿成分が含まれています。
でも実際はただ入っているだけで、その量はとても少ないんですね。

 

お値段も安い分、その配合量もとても少ないんです。
その成分の働きを実感するのは難しいのが事実・・・。

 

プラスで保湿ケアは必ず行うようにしないといけません。
乾燥は、皮脂の分泌を多くしてしまうのでニキビの悪化やなどの原因にもなります。

 

皮脂を取ることで一時的にニキビは治りますが、乾燥によって繰り返しニキビが出来ることが多いです。

 

クレアラシルでニキビケアをするなら、保湿ケアを一緒に行ってくださいね。

 

トップページに戻る⇒思春期ニキビに効く!