クレーターニキビ跡

絶対にダメ!クレーターニキビ跡になってしまう危険性

クレーターニキビ跡

ニキビに悩んでいる方の中には、ニキビそのものに悩んでいる方もいればニキビの跡が消えないことで悩んでいる方もいらっしゃると思います。特に肌の表面が凸凹になる“クレーター”のようなニキビ跡は肌が汚く見えてしまうことも多く、印象が台無しになってしまう厄介ものです。

 

果たしてニキビ跡がクレーター状に残ってしまうのはなぜなのでしょうか?そしてクレーターニキビ跡が出来ないようにするにはどんなことに気を付ける必要があるのでしょうか?

そもそもニキビ跡ってどうして出来るの?

.

ニキビが出現


皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴の中に溜まり、アクネ菌が感染して炎症を起こし、ニキビが出来る。

ニキビ跡のもととなる組織を生成

アクネ菌を倒そうと免疫細胞が闘うことで膿が出来る。
その際、皮膚の中の真皮がダメージを受け、それを修復するために大量のコラーゲンが生成される。
この異常なコラーゲンが固まってのちにニキビ跡となる。

ニキビ跡のもととなる組織が拡大

炎症が進んで毛穴の形が失われる。大きく凹んだ状態になると、いわゆるクレーターニキビ跡となる。

クレーターニキビ跡にも種類がある!

肌の再生を司る真皮にダメージが及ぶことにより、クレーター状の凸凹したニキビ跡が出来てしまうことがわかりました。このクレーターニキビ跡はダメージを受けた程度によっていくつか種類があるようです。

 

大まかに、小さく細い穴のようになっているタイプ、穴がゆるやかにカーブしているタイプ、円筒状に底までしっかりと穴が開いているタイプに分けられます。

 

大きく陥没しているニキビ跡は特に目立つので、出来ないように注意しておきたいところです。

 

クレーターニキビ跡を生んでしまうNG行為

ニキビをつぶす

出来てしまったニキビはついつい気になって触りたくなってしまうかもしれません。
しかし、不用意にニキビをいじったりつぶしたりしてしまうのは、クレーターニキビ跡の大きな原因となります。ニキビの中に溜まっていた炎症物質が組織内に広がって炎症に拍車をかけることになります。ニキビをつぶす行為は絶対に避けましょう。

 

洗顔方法を間違える

ニキビができているからといって、刺激の強い洗顔料で何度も顔を洗ったり、ゴシゴシ力を入れて洗ったりするのはご法度です。肌のバリア機能を担う角質層を不用意に傷つけたり、余計な皮脂の分泌を促してしまう行為になります。

 

保湿をしない

ニキビができるからといって自分はオイリー肌だと決めつけていませんか?大人のニキビは必ずしもオイリー肌の方だけに出来るものではありません。

 

乾燥肌で皮膚に潤いがなくゴワゴワと厚くかたまってしまった肌は、ニキビができやすいのはもちろんクレーターニキビ跡ができやすい傾向にあります。自分の肌が硬いと感じる方は、クレーターニキビ跡に要注意なのです。

 

不規則な生活習慣を送る

ニキビ跡を残さないためには皮膚のターンオーバーを正常に保ち、活発化させてあげることが何より重要です。皮膚のターンオーバーには、日頃の生活習慣がかなり影響を及ぼしてくるのです。偏った食事や睡眠不足、喫煙、運動不足による血行不良など、不規則な生活習慣はすべて肌にその結果を残します。きちんと栄養バランスのとれた食事をとり、質の高い睡眠をとる努力をするだけでも、肌のターンオーバーを正常化して新しい肌に生まれ変わるのを促してあげることが出来ます。

 

まとめ

クレーターニキビ跡は出来てしまうとすぐに簡単に治すことは難しいといわれています。

 

しかし、日頃のちょっとした心がけや毎日のケアでニキビ跡を未然に防ぐ努力をすることは出来ます。クレーターニキビ跡を招く危険な習慣はすぐにストップし、きれいな肌をキープしていけるように気を付けたいものです。

 

 

ニキビ跡のケア商品一覧

 

ニキビタイプ別ケア

大人ニキビ

思春期ニキビ

ニキビ跡

 

部位別ニキビケア