乾燥肌 ニキビケア

脂性肌だけじゃない!乾燥肌でもニキビはできる!

一般的に、皮脂の分泌が多くオイリーになりやすい脂性肌はニキビができやすいものと思われています。

 

では、乾燥肌の方はどうでしょうか?

 

肌が乾燥しているのなら脂性肌とは違ってニキビに悩むことはないと思っている方もいらっしゃるかと思います。しかし、乾燥肌でもニキビができるのです。

 

実際乾燥肌なのにニキビができやすく、どう対処してよいかわからないと頭を抱えている方は結構おおいのです。乾燥しがちな肌にニキビができるのはなぜなのでしょうか?

 

そもそも「乾燥肌」とはどんな状態の肌?

肌の表面にはごく薄い角質層と呼ばれるものがあり、角質層が肌の水分をキープする役目を担っています。

 

本来角質層には健康な状態であれば15%〜20%の水分が保たれているのですが、乾燥肌の場合この水分量が10%を下回ってしまいます。

 

乾燥により肌が持っているバリア機能が低下し、様々な肌トラブルを引き起こします。

 

実は「乾燥」が大人のニキビを誘発する根本原因だった!

多くの方が“皮脂=ニキビの原因”と考えていらっしゃると思いますが、皮脂がニキビを生む直接的な原因というわけではありません。

 

皮脂は肌をダメージから守るために存在しているのですから、決して悪いものではなく、むしろ美しい肌にとって必要不可欠なものなのです。

 

ニキビは、肌のバリア機能が衰えることで毛穴が収縮して細くなり、そこに汚れ等が詰まって出て来られなくなった状況の中で発生します。

 

肌が乾燥すると、肌のバリア機能は大きく低下します。同時に、肌の乾燥を潤しダメージから守ろうとして皮脂が大量に分泌されます。

 

皮脂の過剰分泌は肌の水分量が少ないがために起こるのです。小さく塞がれた状態の毛穴に皮脂が分泌されることで毛穴の内部に皮脂が溜まり、結果的にニキビが生まれます。

 

すなわち、ニキビ発生のおおもとの要因は皮脂そのものではなく、肌の乾燥およびバリア機能の低下ということができます。

 

乾燥肌のニキビを改善するケア方法とは?

乾燥肌のニキビ対策は、たっぷりと水分補給を行って、天然のバリアである皮脂膜をつくることが大事です。
さらに角質層の働きを整えて、肌が本来持っているバリア機能を正常化させることも必要です。

 

<キーポイント>

  • 肌を保湿する
  • 肌のバリア機能を高める

 

<心掛けたいこと>

今までのスキンケア方法を見直す
  • 洗顔方法

(洗浄力が高く刺激が強い洗顔料を使っていないか、ゴシゴシ力を入れて洗っていないか、洗う回数が多くないか)

  • 基礎化粧品

(“ニキビケア”と書かれた脂性肌用の化粧品を使用していないか、刺激物の入った化粧品を使用していないか、セラミド等の保湿力の高い成分が配合されているか、アミノ酸等の肌細胞に近い成分でできたパック等を行う)

 

生活習慣の改善
  • 食事

(偏った栄養バランスの悪い食事を取り続けていないか、肌の血行を促進しターンオーバーを促すビタミンEを積極的に摂る)

  • 睡眠

(肌は寝ている間に生まれ変わるので、質の高い睡眠を十分にとるよう心がける)

 

さいごに

乾燥肌のニキビの根本原因がおわかりいただけましたでしょうか?ニキビを治すには原因とできるメカニズムについて知ることがとても大切です。

 

特にスキンケア方法は乾燥肌の改善に大きく関わってきますので、ご自身の現在のスキンケアが適切かどうか改めて見直してみて下さい。

 

参考記事

 

 

ニキビタイプ別ケア

大人ニキビ

思春期ニキビ

ニキビ跡