アクレケア リプロスキン

アクレケアとリプロスキン正しく選ぶ

アクレケアとリプロスキンは、配合成分が違うのでやはり効果も違います。

どっちが効くのか?で選ぶのではなく、あなたのニキビ跡タイプにあったものを選ぶことが大切です。正しく選ぶことで最大限の効果が期待できます。

 

ニキビ跡のタイプは大きく3つあります!

ご存知の方が多いと思いますが、

  • 赤いニキビ跡 ⇒炎症したニキビが治った後に、色素が残ってしまったもの
  • 茶色いニキビ跡 ⇒メラニン色素が沈着してしまったもの
  • クレーターニキビ跡 ⇒肌が凸凹してしまったもの

クレーターニキビ跡は、基本的にスキンケアでの改善はできません。ただ、潰してしまた後、ニキビが治りかけで凸凹している状態であればスキンケアで予防改善することができます。月日が経過してしまったクレーター状のニキビ跡はレーザー治療で改善することができます。

 

アクレケアとリプロスキンそれぞれ有効なニキビ跡タイプ

リプロスキン

有効タイプ 赤いニキビ跡、初期段階の凸凹ニキビ跡

アクレケアとりプロスキン

リプロスキンの有効成分である、グリチルリチン酸2カリウムは炎症を抑える働き、水溶性プラセンタエキスは肌を修復する働きが期待できます。

 

リプロスキンは特に『赤いニキビ跡』への効果が高く、1ヶ月〜2ヶ月で効果を実感できたという声がとても多いです。
また、保湿効果が高いため肌のターンオーバーを促進し、新しい細胞へと生まれ変わらせるスピードを早めること赤いニキビ跡を改善します。

 

赤いニキビ跡を中心に凸凹肌も改善したいなら『リプロスキン』を選ぶようにしましょう。60日返金保証もあり安心してお試しすることができます。

 

⇒60日保証付きお試しはこちら

 

アクレケア

有効タイプ 茶色いニキビ跡、初期段階の凸凹ニキビ跡

アクレケアとりプロスキンどっちが効く

アクレケアの有効成分は、月下香、アルブチン、卵殻膜です。肌のターンオーバーを促進する、メラニンを抑制する、柔らかい肌をつくるという効果が期待できます。

 

メラニンの生成を抑えると肌のターンオーバーを促進する働きが高いため『茶色いニキビ跡』に特に高い効果が期待できます。
また、紫外線を浴びてしまった赤いニキビ跡にもとても高い効果が期待できます。

 

卵殻膜は、肌の生まれ変わりをサポートする力に優れているため初期の凸凹ニキビ跡に有効で、使用し続けることで赤ちゃんの肌のようなプルプル肌へ導きます。

 

茶色いニキビ跡、初期の凸凹肌の改善なら『アクレケア』を選ぶようにしましょう。90日間集中ケアとお得なコースもあります。

 

⇒アクレケアお得な90日間集中ケアはこちら

 

アクレケアとリプロスキンどっち?まとめ

茶色いニキビ跡ならアクレケア、赤いニキビ跡ならリプロスキンを選ぶようにしましょう。
凸凹肌の予防改善目的ならはアクレケアをおすすめします。

 

どっちにするかまだ迷っている方がいましたら、最初は『リプロスキン』が良いかもしれません。
というのは、リプロスキンには60日間の返金保証が付いているからです。

 

アクレケアは、90日間集中ケアコースがありお得なのですが保証はありません。なので、迷っているなら『リプロスキン』をまずお試ししてみましょう。

 

⇒60日保証付きお試しはこちら

 

アクレケアとリプロスキン参考記事